体験談 6

有名政治家のご子息

翌日、会社に出勤してからそのことばかりが頭にひっかかり
仕事も上の空という感じでした。

 

何かのタイミングで常務に話しかけて聞いてみたかったのですが、
こちらからまたその話をするとなんだか私が異常に期待していると
勘違いされてしまうのではないかと余計な心配をしてしまい、私は平静を装って、
聞きたくても自分の方からはその話を常務には振らないように努めて過ごしていました。

 

すると、数日後、常務の方から「来週の金曜日に例の紹介の件、
食事に行くから大丈夫かな」と声がかかりました。

 

そして、私が質問するまでもなく、常務の方から相手の方の話をし始めてくれました。

 

「実は、今度君に紹介したいと思っている青年は、某有名政治家のご子息なんだ。
彼の方は君よりも5歳くらい年上で、まだ未婚。相手を探してらっしゃる。

 

僕も実はその青年には一度もあったことはなく面識もないんだが、
お父さんの方とは古くからの知り合いで、誰かいい人いないかなとのことで
君に白羽の矢が当たったというわけ。

 

ひとつ、言っておかなくてはならないんだが、
彼は今まで結構な数お見合いをしてきているようで、うまくいっていないらしい。
もし君が一回会ってみて意気投合すればそのまま交際してくれて大いに結構だが、
気に入らなければ、私のことなんかは一切気にしなくてもよいから
自分で対処してくれて構わない。」

 

と話がありました。

 

私は常務の優しさに感動しました。
あくまで体裁を守るような人間もいる中で、私のことも考えてくれて
無理やりくっつけようなどとはさらさら思っていないとあらかじめ私に言ってくれたのです。

 

そんな感動を覚えながらも
「相手が今まで何回もお見合いをしていて全部うまくいっていない」
ということが気になりました。

 

そして当日、レストランに到着した私はびっくりしてしまいました。
そこには何度もテレビで見たことのある有名政治家がいたのです。

 

(ああ、この人の子供なんだ)と私は改めて驚きました。
息子である青年は、40歳近い、そのままの印象でした。

 

第一印象はやや中年太り気味でもじもじとしたタイプのように見えて
あまり好印象ではありませんでした。

 

その日は上司や政治家さんも交えてだったので当たり障りのない会話で終わったので、
一応社交辞令ということで連絡先を交換して解散しました。
上司には1回2人で会ってみますと報告しました。

 

そして、メールや電話でちょっと連絡を取った後に翌週2人で食事に行くことになりました。
ここでゆっくり会話をして彼の性格を知ろうと思ったのです。

 

 

→ 彼の本性が明らかに

有名政治家のご子息 | 婚活で人生を変えた女達関連ページ

上司が紹介してくれることに
このサイトでは、婚活(お見合いパーティーや結婚相談所)などでパートナーを見つけた女性達の出会いからこれまでを記載しております。今回は某大手金融機関の秘書室で働働く女性の体験記です。
彼の本性が明らかに
このサイトでは、婚活(お見合いパーティーや結婚相談所)などでパートナーを見つけた女性達の出会いからこれまでを記載しております。今回は某大手金融機関の秘書室で働働く女性の体験記です。