婚活で人生を変えた女達

再婚と子どものこと

最初は、広告宣伝みたいなもので、
実際にそういう相手は少ないのだろうなと思っていたんです。
でもとにかく試してみようと思って、そのなかでよさそうなサイトに登録をしてみたんです。

 

担当してくれたアドバイザーに、ずいぶんと質問しまくりました。
いつも丁寧に答えてくれたし、励ましてもくれました。
たとえバツイチで子どもがいても、大事なのは相手との相性や縁なのだと改めて思いました。

 

アドバイザーの方が、事細かに私の希望をくみとってくれて、何人か男性の方を紹介されました。
私も率直に、相手の方とのメールのやりとりでは自分の過去を語るようにしました。
結婚するかもしれない相手に、カッコつけた嘘をついてもしょうがないですから。
何人かは、私を傷つけないような言い方で、やんわりと断られたのは事実です。
でも、ほとんどの人が、
「自分が結婚するときは、相手の過去や人生を一緒に背負っていきたい」
というようなことを伝えてくれたので、とてもうれしかったです。

 

それにしても、私には子どもがいます。
再婚する相手とは、私自身とその相手との関係だけではない、
子どもとも良好な関係を結べるかどうかという問題がありました。
このことについては、何人かとのメールのやりとりの最中もけっこう悩んだところです。
結論として、時間をかけてお互いの関係を築き上げていくしかないのだと思い至ったのは、
ひとりの男性との出会いがきっかけでした。

 

メールを交換した後、実際にお相手の方と会ったことが何度かあります。
その中で彼だけが40代後半の男性でした。
私とは20歳ちかく年齢差があることになります。
私が子どものことを話題に出すと、
わりあいと「とりあえずお子さんにも会わせてください」とおっしゃるんですね。

 

ところが、彼だけは
「まずふたりの結びつきを強くしていきたい。
お互いに会って、たくさんのことを話し、知り合ってから、お子さんのことを考えていきましょう。
お子さんをダシにしてあなたに結婚を迫りたくないし、
また、お子さんを理由にしてふたりの関係がうまくいかなかったということにもしたくない」
と率直な意見をくれたのです。

 

私自身も、そうして男性とお会いするなかで、
そのたびに子どもを会わせていいものだろうか、と考えていました。
子どもには「ママのお友達」と紹介するにしても、
いろんな男性と会う子どもは戸惑うだろうとも思ったのです。

 

→家族になろうよ(準備中)

再婚と子どものこと|婚活で人生を変えた女達関連ページ

バツイチの私の結婚願望
バツイチで子供がいる女性の再婚に向けての体験談です。